形成外科

形成外科の診療は?

形成外科は、皮膚を中心とした、主に体の表面にある病気の治療を行う診療科です。しかし、それだけではなく、下記のような病気による形態異常や変形を治したり、失った機能や体の一部を新たに作ることなどを行います。

1.外傷、外傷後変形(けが、やけどなど、またはけがや手術の傷跡、変形)

体の浅い部分のけが、傷などはすべて形成外科の治療分野です。たとえば、擦り傷、切り傷、やけど、しもやけ、顔の骨折、それに交通事故などにより皮膚がはがれてしまった場合なども治療します。また、以前のけがの傷跡で、ケロイド状(傷跡が盛り上がった状態)になったもの、ひきつれをおこしているもの、顔の骨が折れて顔のゆがみを来しているものなども形成外科の治療分野です。形成外科では、患者さんの見た目もできるだけよくしようと考えて治療をしていますから、手術の後の目立つ傷跡もできるだけ目立たなくすることが肝心と考えています。

2.腫瘍、腫瘍手術後変形(皮膚のできもの、またはその手術後の傷跡や変形)

顔にほくろのような新しいできものができた。体の皮膚の下に何かしこりができた、あるいは元からあったほくろ、できものが大きくなった、このような症状がある場合、形成外科を受診してください。皮膚の癌は意外に頻度の高いものですが、小さなうちにきちんと切除すれば怖いものではありません。特に形成外科では、できるだけ機能や形態を損なわないように治療することが可能です。

3.表在性先天異常(生まれつきの体の表面の形や色の異常、あざなど)

生まれたばかりの赤ちゃんをよく見たら、耳の形がちょっとおかしい、足の指が太くて爪が二つあるように見える、このような小さな先天異常は結構あるものです。でべそ、等を含めて皮膚を中心にした先天異常は、形成外科で取り扱います。また、赤あざ(血管腫)、青あざ(蒙古斑のようなものがおしり以外の所にある)、黒あざ(大きな黒子)に対するレーザー治療、手術療法も形成外科で取り扱っています。

4.形成外科と美容外科の違い等 よくある質問

形成外科と整形外科とは、どこが違うのですか
整形外科とは、人間が歩く、座るなどの日常運動をする上で支障となる病気、つまり骨、関節、筋肉などの病気を扱います。形成外科は主に体の表面の機能や形態など、日常生活を快適に送るための支障となる病気を治療し、患者さんが社会復帰するのを助けたり、あるいは生活の質を向上させることが主な役割となります。
形成外科と美容整形とは同じですか
美容整形(正式には美容外科といいます)は、本来、形成外科の多くの治療範囲の中の一部分です。美容外科とは普通の人をもっと美しくするということを目的としますが、形成外科では、けが、できものなどの手術などで機能、形態が以前よりも劣った人、あるいは生まれつき異常のある人をできるだけ正常にすることを目的とします。つまり、形成外科的な治療を普通の人がより美しくなるために受けるのが美容外科です。
傷痕を消す・なくすことはできるのですか
いったんけがをして、瘢痕(傷跡)ができてしまった場合、これを全く消してしまうことはできません。手術の傷跡も同じです。しかし、通常の日常生活を送る上で、人にはわからない程度の目立たない傷跡にすることは可能です。形成外科では、Z形成術、W形成術、皮弁形成術、など特殊な技法を用いて、傷跡を目立たないものに変えていくことができます。
週刊誌などで、よく「傷跡を消す」とか「傷跡ができない手術」と書かれていますが
皮膚のある程度の深さにまで及ぶけが、手術の場合、瘢痕(傷跡)を残さないで治療することは、不可能です。また、一旦生じた傷跡を消すことも同様に不可能です。しかし、これらを目立たなくすることは可能なので、雑誌などに書かれていることはそういう意味合いのことです。ちなみに、美容外科で行う糸だけを用いた二重の手術(埋没法)は、切開をするわけではないので傷跡ができない手術、と言うことはできます。
このページのTOPへ
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 医師・スタッフ紹介
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ